おかげさまで当社は今年の10月で設立40年目を迎えました。
工事実績に関しては平成29年度も3年連続となる国土交通省東北整備局工事成績優良企業を受賞しました。
経営に関してはR&I中堅企業格付でaaの認定を2年連続、福利厚生面においては今年の8月に健康経営優良法人の認定を受けました。
先代は創業時から小人数精鋭を掲げ、一定規模の重機車輛、機械、仮設備を保有、直営施工を基本とし、“自らやる”という主義を貫いてきました。
私は2代目の社長となりますが、先代からの“イズム”を受け継ぎ、現在も悪戦苦闘しております(笑)。
自他共栄の精神のもと、御客様、地域の皆様との良好なる関係づくりを第一に心がけ、営業活動しております。

創業時から受け継がれる。
「自他共栄」の精神。

土木の公共工事を主にしております。国(国土交通省等)、県(岩手県)、一関市、周辺並びに自治体はもとより、
民間各企業、地域のご家庭の皆様からも、大小問わず土木分野で工事を受注しております。
勿論、元請工事だけでなく、公共民間問わず下請形態での契約も頂いております。
社員並びに工事関係者の安全と安心を第一に業務に当たり、品質良く、出来栄えは美しく、土木工学を踏まえ、
過去の経験と反省、創意工夫と先進性を念頭に、地域の必要とされる企業たるために日々精進しております。

仕事を面白くするのは、
やっぱり人間。

近年は社会構造の成熟化に伴い、建設産業におきましても生産性の向上だけでなく、複雑な諸課題が山積しておりますが、
仕事というものは基本的に面白くなければいけないし、でなければ続けられないものだと考えています。
仕事を面白くするのは人であり、“企業は人なり”です。生産性の向上実現と共に、建設産業を通して、仕事の面白みの発掘と、
地域社会の安心と構築、牽いては産業の発展に貢献出来るよう社員とともに挑戦しながら、また1年を積み上げて参りたいと思います。

代表取締役宇部和彦 2017年8月

下矢印
TOPに戻る
TOPに戻る